本文へ移動

今日のニュース

旧正札竹村の跡地利用 民間主導の整備促進 大館市9月議会・一般質問

2018-09-05
6議員が一般質問を行った9月定例議会本会議(市役所)
 大館市の9月定例議会は4日、前日に引き続き本会議を開き、6議員が一般質問を行った。本年度から着手した大町の旧正札竹村本館棟の解体工事に関連して「跡地はどう、活用するのか」との質問があり、福原淳嗣市長は「大町地区周辺の再興につながる種地として、民間主導による整備を促進し、市民が集う場所にしたい」との考えを示した。本会議は、上程された議案等を各常任委員会に付託し散会した。
 登壇したのは、質問順に小畑新一議員(公明党)、佐藤芳忠議員(無所属)、田中耕太郎議員(いぶき21)、小棚木政之議員(平成会)、阿部文男議員(同)、伊藤毅議員(同)。
 旧正札竹村本館棟の解体について市長は「損傷や老朽化が著しく、多額の改修費用を要することから、最終的に解体やむなしと判断した」などと説明。跡地については「周辺は、集積率が高い商業地域。民間主導の再生に期待している」との見方を示しながら「大町地区の再興につながる種地として、実現化構想や具体的方策を多様な観点から関係者と取り組み、市民が集う場所にしたい」と述べた。
 また、「歴史まちづくり事業を進める中で、『鍛冶町』や『風呂屋町』など、昔の町内の呼称を活用しては」との提案に市長は「大館城下の町割りの頃から今なお残る町名を広く後世に伝えるため本年度、町名表記の整備に着手する」ことを説明。「どこでも博物館事業と連携し、各所に設置する標柱に町名などを表示する」とした。
 JR大館駅前で建設が進むハチ公の駅について「準備状況や今後の観光展開」を聞く質問が出された。市長は「建物関連工事は8月末現在の進捗(しんちょく)率が約40%。今年12月には完成する見込み。10月からは、オープニングイベント費用や建設費の一部に充てる寄付金を集めるため、ふるさと納税専門サイトを活用した『ガバメントクラウドファンディング』を行う」などと説明した。
 展示については「秋田犬のルーツの紹介、忠犬の物語の紹介など、知的好奇心を刺激するコンテンツをそろえるほか、渋谷区との関係性も前面に出したい」とした。現在の「秋田犬ブーム」が去った後を心配する質問には「常設展示に加え、縄文犬や世界の忠犬物語を深掘りした企画展などを開催し、魅力の維持向上につなげていく必要があると考えている」と述べた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る