本文へ移動

今日のニュース

十和田湖―八幡平頂上 「八郎太郎号」が好調 鹿角市の観光路線バス

2018-09-05
 十和田湖休屋と八幡平頂上を結ぶ鹿角市の予約型観光路線バス「八郎太郎号」。本年度の乗車人数が前年同期に比べて1・5倍以上の伸びを見せ、好調に推移している。
 十和田―八幡平間の観光路線バスは利用者の減少に伴い2015年度で廃止された。団体から個人や少数へと旅行形態が変化している中、国立公園への2次アクセスとなる交通手段を確保しようと、鹿角市が16年度から事業主体となって観光路線バスを運行している。
 春から秋までの土日祝日限定。本年度の運行期間は4月28日~10月21日。利用希望日の前日午後5時までの予約が必要。車種は予約人数に応じて用意する。
 十和田湖営業所―八幡平頂上間に17カ所の停留所を設け、運行時刻や経路を固定して運行。運賃は200~2500円に設定。生活バス路線と重複する中滝―志張温泉間のみの利用はできない。運行事業者は十和田タクシー。
 16年度は1日1往復半運行していたが、地元の観光・宿泊施設から利便性の向上を求める意見もあって17年度から倍に増便。本年度は新たにオープンした道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)を停留所に加えた。
 市によると運行日数は16年度が33日、17年度が43日、乗車人数は16年度が129人、17年度が231人。
 本年度は7月末現在で運行日数が24日、乗車人数が110人と、17年度同期の18日、71人を大きく上回っている。鹿角花輪駅前、十和田南駅前、大湯温泉、後生掛温泉の各停留所から十和田八幡平へ向かうケースが比較的多いという。1便当たりの平均乗車人数は16年度当初から2・2~2・3人で推移している。
 市は「運行開始から3年目を迎え、地元の観光・宿泊事業者の観光客や宿泊客に対する積極的なPRなどにより周知されてきた」とし、さらに多くの利用を呼び掛けている。
 好調な運行実績により、当初予算に340万円を計上していた運行委託料は不足が見込まれるため、市は9月議会の補正予算に100万円を追加計上している。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る