本文へ移動

今日のニュース

120人でゼッケンなど準備 秋田内陸100㌔マラソン 昨年被害のハチ対策も

2018-09-05
袋詰め作業に取り組む参加者(北秋田市交流センター)
 北緯40度秋田内陸リゾートカップ100㌔チャレンジマラソン大会の開催が近づく中、準備作業が進んでいる。北秋田市交流センターでは3日夜、約120人が参加ランナーに配布する各種用品の袋詰め作業に取り組んだ。
 袋詰め作業には北秋田金融団、郵便局、県北秋田地域振興局、市などから参加。ランナーの受付時に一人一人に配布するゼッケンやパンフレット、雨具、ビニール袋などが入った封筒を用意した。
 交流センターに参加者が続々と集まり、複数人で手分けして作業にあたった。作業中に佐藤征太郎大会会長があいさつし、「万全を期して、大会に向けて頑張りましょう」と呼び掛けた。
 今大会に向け実行委は、昨年ランナーがハチに刺される被害があった大覚野峠周辺にハチ用のわなを設置するなど、駆除対策に取り組んでいる。今週末には距離表示の看板設置やわなの回収を行う予定。
 このほか、当日は各地のボランティアを通して、エイドにいる地域住民らに、万が一ハチに刺された場合の対応などを記したチラシを配布する。
 大会は23日開催。50㌔の部は阿仁農村環境改善センター、100㌔の部は仙北市角館交流センターをスタートし、北秋田市交流センターを目指す。エントリー数は1447人。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る