本文へ移動

今日のニュース

第1回全国競技かるた秋田大会 鹿角に県内外の300人 県内初の全日本公認大会

2018-09-03
選手宣誓する一戸さん(湯瀬ホテル)
 全日本かるた協会が公認する「第1回全国競技かるた秋田大会」が2日、鹿角市八幡平の湯瀬ホテルで開かれた。昇段に挑戦できる全日本協会の公認大会は県内初開催。全国的な競技かるたブームを反映して、県内外から当初の予想を上回る約300人の愛好者が参加し、「畳の上の格闘技」という形容にふさわしい熱戦を繰り広げた。
 全日本かるた協会(松川英夫会長)は、主催、公認を含めて年間約60回の全国大会を各地で開催している。東北では昇段に挑戦できる公認大会が年4回と少なく、かるたが盛んな鹿角市の選手の中には関東の大会に出掛けて挑戦する人もいる。
 こうした中、公認大会の県内開催は県かるた協会(土田敦子会長)が昨年9月に申請し、11月に決定した。
 第1回大会には東北を中心に小学生から80歳代までの老若男女が参戦。
 開会式では主催者代表の土田会長が夏の甲子園の金農フィーバーや、秋田で初めてとなる今大会への思いに触れ「秋田で良い思い出をつくることができるよう頑張って」と激励。
 続いて、地元花輪かるた同好会(佐藤武彦会長)の一戸亜緒唯さん(花輪一中3年)が「礼節を忘れず、最後の一枚まで正々堂々と戦い抜く」と力強く選手宣誓を行った。
 競技は午前9時から午後8時ごろまで実施。各級、ブロックごとにトーナメント戦を行い、選手たちは上の句が読まれると同時に、目指す札をはらい飛ばしていた。
 佐藤会長は「かるたを始めると段位を取りたくなるので、公認大会開催はうれしい。かるたの盛り上がりや地域活性化にもつながると思う」と話していた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る