本文へ移動

今日のニュース

大館市の「お試し勤務」2年目 企業の受け入れ本格化 オフィス開設希望も

2018-09-01
サテライトオフィス体験事業のパンフレット
 大館市のサテライトオフィス(出先拠点)体験事業が2年目に入り、「お試し勤務」の受け入れが本格化してきた。都市部の企業に地方進出への足掛かりとしてもらおうとベニヤマ自然パーク(比内町大葛)コテージなどを事務所とし、8月に2社11人が利用。さらに数社が申し込み、オフィス開設を希望する企業もあることから、市はニーズを把握しながら誘致につなげたい考え。
 2017年度は総務省のモデル事業に採択された。自然豊かな環境での働き方を提案したところ、デザインやシステム開発、映像制作など71社227人がお試し勤務を体験。温泉や郷土料理、秋田犬とのふれあいなどの情報がインターネットを通じて発信された。このうち企業従事者の移住に向けた事例が2件、事業継続で誘致の可能性がある事例は3件だった。
 本年度は自主財源で当初予算に640万円を計上し、交通費や市内視察用のレンタカー料金、コテージ利用料の半額を助成。原則として三大都市圏のIT(情報技術)、デザイン、製造、出版、ソフト開発、サービス業、個人事業主などを対象に7月から来年3月まで募集している。
 商工課によると、8月に受け入れた2社のうち1社は前年度も利用したリピーター。申し込みの中には、お試し勤務を体験した企業からの紹介があったという。街なか拠点としてJR大館駅近くに共用オフィスなどが併設された複合施設「わっぱビルヂング」が8月にオープンし、人事評価システムを手掛ける「あしたのチーム」(東京)のサテライトオフィスも入居したことをアピールしながら広く利用を呼び掛けている。
 市は今後、地域おこし協力隊2人を採用して体験事業を推進する方針。商工課の担当者は「企業の新たな発想で地域資源の可能性を広げるとともに、市内事業者と交流することでビジネス創出につなげていきたい」としている。
 問い合わせは商工課(電話0186・43・7071)。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る