本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

夜空に囃子響く 大館 絵灯籠ともし「中野七夕」

2018-08-15
絵灯籠に明かりがともされる中、太鼓をたたく奏者(大館市比内町中野)
 大館市比内町中野に伝わる迎え盆行事「中野七夕」が13日夜、同地区で行われた。地域住民約50人が明かりをともした絵灯籠と共に地域を練り歩き、各地で太鼓、横笛、鉦(かね)の演奏を披露、夜空ににぎやかな音色を響かせた。
 中野七夕保存会(渡辺憲人会長)によると、1559(永禄2)年に浅利勝頼が中野城を築いたのを機に始まったとされる。戦争の影響で一時途絶えたが、1977(昭和52)年に地元の若者有志が復活させた。
 現在は2003年に発足した保存会が中心となって受け継いでいる。太鼓、鉦に続き、16年には横笛の演奏も始めた。
 この日は小学生から30歳代の大人までの囃子(はやし)方約20人を含む地域住民約50人が参加。午後7時に市高齢者生産活動施設に集まり、竿(さお)に飾られた絵灯籠に明かりをともした。
 直径約1㍍の太鼓6張が用意され、そろいの法被姿の奏者たちが長さ約1㍍のバチをしならせて大きな音色を響かせた。合わせて横笛や鉦も奏で、先祖を供養した。この後地区内を練り歩き、7カ所で演奏を披露した。
 渡辺会長は「周辺住民でも七夕を見たことがない人もいる。さまざまな機会に演奏し、まずは地域に伝統行事を広めていきたい」と話した。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る