本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

「自覚持ち日々精進」 小坂町・50回目の成人式 37人出席し門出祝う

2018-08-14
37人が大人への仲間入りを果たした小坂町の成人式(康楽館)
 お盆の帰省時期に合わせた、小坂町の本年度の成人式が12日、芝居小屋・康楽館で行われた。町の成人式は1969年に始まり、今年で50回目。真新しいスーツやドレス、華やかな着物姿の新成人が夢や感謝の気持ちを胸に、新たな節目に臨んだ。
 本年度の対象は、1998年4月2日から99年4月1日までに生まれた町出身者ら45人(男17人、女28人)。式には県内外の37人(男15人、女22人)が出席した。
 桟敷席に並べられたいすに座った新成人は一人一人名前を呼ばれるとその場に立ち、代表して桃木隼介さん(19)=仙台市・専門学校生=、成田雅さん(19)=千葉県・大学生=が舞台で記念品を受け取った。
 あいさつに立った細越満町長は「日本人の底力を信じ、誇りとグローバルな目を持ち、小坂町で学んだ多くのことを自分や家族、そして社会に役立てて」と激励した。
 成人祭実行委員長の木村悠さん(20)=小坂町・大学生=が舞台装置の一つ「切穴」で花道に姿を現し、出席者を驚かせた。木村さんは「自分の信じた道を進めば回り道でも近道でも、それが正しい道だと思う」とあいさつした。
 続いて、回り舞台で新成人2人が登場し、青年の主張を行った。栗山夏樹さん(19)=仙台市・大学生=は「自分が置かれている状況と向き合い、精いっぱい努力し成長していかなければならない」、阿部穂乃香さん(19)=盛岡市・専門学校生=は「成人としての自覚を持ち、目標に向かって日々精進していくことを約束する」とそれぞれ決意を新たにした。
 中学校の恩師の音頭により、町産ブドウジュースで乾杯。会場では旧友や恩師との再会を喜ぶ輪ができていた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る