本文へ移動

今日のニュース

御成町2丁目大火から50年 歴史見つめ活気づくり 町内会が各種事業

2018-08-14
県道沿いの街灯で設置が始まったハンギングバスケット(大館市御成町2丁目)
 1968年10月に発生した「御成町2丁目大火」から今年で50年を迎えるのに合わせ、大館市の御成町2丁目町内会(瀧等会長)は本年度、街の歴史を見つめ直してかつての活気を取り戻そうと各種事業を展開する。防火イベントやパネル展などを計画するほか、今月からは街を明るく盛り上げようと花飾りの設置も始めた。瀧会長は「住民の防災意識を高め、商店街のにぎわいにもつなげたい」と話している。
 市消防本部によると、「御成町2丁目大火」は68年10月12日に発生。火が強風にあおられ、約3時間で約290棟を焼失した。大館市は51年の市制施行以降で4度の大火に見舞われているが、68年以降は大規模な火災は発生していない。
 2丁目町内会は街の成り立ちを語る上で切り離せない大火や、活気があった当時について知り、かつてのにぎわいを取り戻す目的で各種事業を計画。市の地域応援プランの補助金を活用する。本年度の総事業費は約100万円。
 大火発生日の10月12日に式典や防火イベント、パネル展を開く予定。大通りには大火などの歴史を記した看板を設置する。当時を知る住民から情報や写真、史料を収集し、冊子としてまとめることも検討している。
 このほか、人口や商店の減少が進む中、にぎわい創出を目的にした事業も進める。皮切りとして11日から、寄せ植えした花を籠に入れた「ハンギングバスケット」を飾り始めた。県道沿いにある街灯の支柱28本に56個の花籠を取り付け、明るい雰囲気を演出。国民の祝日にはかつてのようにミニ国旗も掲出し、「気持ちから地域を盛り上げたい」としている。
 瀧会長は「この地域には大火で苦労した人も多い。今は当時を知らない世代も増えてきているので、後世に伝えたい。過去を振り返り、住民の防災意識を高めながら、にぎわい創出につながれば」と話している。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る