本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

介護の人材難 解消を 鹿角市がフェア 事業者と求職者に面談の場

2018-08-10
昨年度に続いて開催されたフェア(コモッセ)
 全国的に介護人材の確保が課題となっている中、鹿角市内の介護サービス事業所と、介護職に就きたいと考えている人とが直接面談することができる「介護のしごとフェア」が9日、コモッセ内の花輪市民センター講堂で開かれた。学生を含む求職者等が来場し、求人事業所の各ブースを回りながら事業内容や事業所の特長などを確認した。
 市内の介護サービス事業所で求人の未充足が続き、介護人材が不足している中、今後、想定されている介護サービス量の増加に備えるため、市が昨年度に続いて開いた。
 介護職への就職促進のほか、就職前に意見交換や情報収集を行うことで、事業内容の把握不足による早期離職の防止を図る目的がある。
 対象者は、介護職での就職、転職、復職を希望している人、介護の仕事について知りたい人、家族が介護職での就職を検討している人など。今すぐ就職したいという人でなくても参加できる仕組み。
 昨年度は、求人事業所が10法人の27施設、求職者等が16人参加し、2人の採用につながった。
 本年度は、市内9法人が運営する特別養護老人ホームやグループホームなど28事業所が参加。求職者等は開始当初、学生(高校生、短大、専門学校)6人を含む12人が来場し、興味のある事業所のブースを回って情報収集や意見交換を行った。
 十和田毛馬内の女性(55)は「今の仕事が長く続けられるか分からないので、将来の就職に役立つと思い、介護の情報を聞きに来た」、事業所のうちタクトの担当者は「資格があれば最初から正社員として採用し、資格が無くても取得費用を全面的に支援することや処遇改善、楽しく働いていただく職場であることなどをアピールしたい」と話していた。
 会場には協力機関(ハローワーク鹿角、県福祉保健人材・研修センター、介護労働安定センター秋田支部)が事業所の相談に応じるブースや、最新の介護ロボット(セラピーロボットなど)の展示・体験コーナーも設けられた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る