本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

平和の尊さ伝え続ける 大館市で戦没者慰霊式 210人参列し冥福祈る

2018-08-10
慰霊塔に献花する参列者(大館市民文化会館)
 大館市平和祈念・戦没者慰霊式が9日、市民文化会館で行われた。終戦から73年を迎え、遺族会や市関係者、団体代表ら約210人が参列し、黙とうや献花で冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。
 福原淳嗣市長は式辞で「戦後生まれの世代が人口の8割を超え、記憶の風化が危惧される中、皆さまの尊い犠牲の上に平和な日常が成立することを片時も忘れず、戦争の悲惨さを次の世代に語り継いでいくことが私たちの使命」と述べた。市遺族会の仲沢誠也会長は「二度と私たちのような遺族を出さないよう戦没者の孫、ひ孫でつくる後継者の育成を粘り強く続けていく。戦争の風化を防ぎ、平和の尊さを伝えるため、遺族はもとより、多くの国民に訴え続ける」と決意した。
 戦没者遺児を代表して北村伊平さん(76)=比内町=が「父よ、母は21歳で2人の子どもを抱え戦争未亡人となった。苦難の道の始まりだった」と家族の歩みを切々と語り、「国のため、家族のため亡くなった戦没者の皆さま。今、日本は高齢化と人口減少に向かっているが、日本人の知恵と努力で戦中戦後の苦しみを耐え、復興したことを思えば、先は明るいと信じている。安らかにお休みください」と述べた。
 献花に続き、初の企画として、同市の女声合唱団「コールOMG」(横内フミ代表)が登壇し、追悼歌「みたまをたたえて」などをピアノ演奏で合唱。優しい歌声に乗せ、参列者が戦没者に思いをはせた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る