本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

参院選まで約1年 秋田選挙区 自民現と共産新擁立へ 「野党共闘」模索の動きも

2018-08-09
 5年前に改選された参院議員は、来年7月28日で任期満了を迎える。北鹿地方を含む秋田選挙区(改選数1)では、自民党現職の中泉松司氏(39)が再選を目指すほか、共産党は新人の藤本友里氏(39)を擁立することを決めている。過去には「野党共闘」が図られたこともあり、国民民主党や社民党など、野党勢力の動きからも目が離せない。
 2013年7月21日に投開票が行われた第23回参院選は、再選を目指した民主党=当時=の現職に、自民党新人の中泉氏と、共産党の新人、幸福実現党の新人が挑む構図で展開。結果は中泉氏が圧勝し、自民党が議席を奪い返した。県内の有権者は、衆参で多数派が異なる「ねじれ」の継続を否定するとともに、前年に発足した第2次安倍内閣が打ち出した経済政策「アベノミクス」の推進を求める形となった。
 16年7月10日に投開票が行われた前回の第24回参院選では、自民党現職の石井浩郎氏(54)に、共産、社民両党や市民団体に支援を受けた野党統一候補となった民進党=当時=の元職と、幸福実現党の新人が挑む三つどもえ戦となったが、石井氏が再選を果たしている。
 来夏の選挙に向けては、自民党県連が5月に、中泉氏を公認候補として擁立する方針を決定。統一地方選と参院選が同じ年に行われる12年に1度の年となることから、県議選などの地方選候補者と連携した活動を展開する方針だ。
 また、16年の前回、民進、社民両党などとの野党共闘にともなって、秋田選挙区に候補者を擁立しなかった共産党は今年3月に、藤本氏の擁立を決定。党の集会などに積極的に出席しながら、野党共闘の機会もうかがっている。
 野党共闘を巡っては、国民民主党や社民党の動きに加えて、国民民主に参加していない旧民進党勢力の動向も影響を与えそう。統一地方選に向けた動きと合わせ、注目が集まりそうだ。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る