本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

若者をもっと街に 「商店街助っ人高校生制度」 ニーズに応える店づくり

2018-08-08
商店街の実態把握のため歩いて回る高校生(鹿角市花輪)
  鹿角市は本年度、商店街を利用する若者の増加を目指し、「商店街助っ人高校生制度」を新設した。市内の商店街振興組合に加盟する店舗に派遣された「助っ人高校生」が、派遣先店舗内に設置する「特設商店」を考案し、期間限定で経営することで、若者のニーズに応える商店の新たな取り組みを創出する。
 助っ人高校生の派遣を申請したのは花輪大町商店街の2店舗。学校を通じて応募した助っ人高校生は花輪高1、2年の男子5人。
助っ人業務は夏期、冬期休業期間中に3日間(1日3時間)実施。店主との交流や、商店、商店街の実態把握、特設商店の考案、製作などに取り組む。
 特設商店は、助っ人高校生と店主が協力して装飾や仕入れなどを行い、若者の来店目的となる商品や機能を備えた場所のことで、派遣先店舗内の一角に設ける。設置期間は助っ人派遣期間終了後の2週間。店主が経営し、設置前後の効果を検証する予定。新商品導入等の経費は補助金で支援す る。
 助っ人高校生5人のうち2人は7~9日に角久化粧品店、3人は9~11日に石木田文具店に派遣される。
 初日の7日は花輪高2年の畠山公佑さんと若松篤さんが角久化粧品店を訪れ、事務長の遠藤巨人さん(48)から店内の商品や仕事内容などの説明を受けたのに続いて、大町と新町の商店街を歩いて回り、実態の把握に努めた。この後、3人で特設商店の設置に向けた話し合いを進めた。
 畠山さんは「家は大館市だが、高校の地元の花輪が盛り上がればいいと思い応募した。若者の興味を引きつけるような特設商店を考えたい」、若松さんは「応募したのは鹿角が活性化したらいいと思ったから。自分の力を地元のために使いたい」と意欲を語った。
 遠藤さんは「店や商店街の魅力を探してプロデュースしてもらうことで、特に若い人の来客数を増やしたい」と助っ人の活躍に期待していた。

 
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る