本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

2社目の風力発電構想 周辺環境に配慮を 鹿角市環境審

2018-08-07
2社目の風力発電事業構想が説明された環境保全審議会(市役所)
 鹿角市環境保全審議会は6日、市役所で開き、(仮称)田子町風力発電構想などについて説明を受けた。事業区域は青森県田子町が中心で、一部が鹿角市十和田大湯を含む。同じ場所ではすでに風力発電構想が動き出しており、2社目。委員からは環境や生態系への配慮を求める意見があった。
 新たな風力発電事業を計画しているのは、融雪事業などを展開するユニ・ロット(大阪市)。提出された計画段階環境配慮書によると、事業想定区域は約1457㌶。区域の大部分は田子町で、一部鹿角市が含まれている。最大出力は8万キロワットで、風力発電機は30基程度を計画。
 構想段階であり、変電施設、送電線などの具体的な内容や着工、営業開始年次は検討中としている。配慮書は先月6日から今月13日までの日程で、市役所本所と大湯支所で縦覧されている。
 同じ場所では、日立造船(大阪市)が(仮称)鹿角・田子風力発電構想を明らかにし、手続きを進めている。最大出力はユニ・ロットの2・6倍の21万4000キロワットを計画。両構想の事業区域は重複している。委員からは、事業区域には天然のシラカバが分布しているなどとして環境や生態系への配慮を求める意見があった。
 2017年度事業報告や18年度事業計画が報告された。空き家対策について市当局は、実態調査を実施することを説明。委員からは「相続放棄した空き家をめぐって、自治会は苦慮している」という意見があった。
 任期満了に伴い、委嘱状の交付式があった。任期は2年(◎会長、〇副会長)。
 ◎金澤文好(識見者)〇阿部浩一(JAかづの常務)柳澤康隆(鹿角青年会議所理事長)山本由実(識見者)黒澤正(米代川源流自然の会事務局)髙橋健一(鹿角工業振興会理事)齋藤吉之(北秋田地域振興局大館福祉環境部地域環境専門員)
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る