本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

大館「肉×博」 2日間で5万8千人 家族連れどっと、店に列

2018-08-06
最終日も多くの人でにぎわった肉の博覧会(ニプロハチ公ドーム)
 大館市のニプロハチ公ドーム(大館樹海ドーム)で開催された第4回肉の博覧会(肉×博)が5日、閉幕した。雨が降ったりやんだりのあいにくの天気となったが、県内外から大勢の家族連れらが来場。タクミアリーナ(樹海体育館)を使った同時開催のスポーツイベントと合わせて夏のひとときを思い思いに過ごした。
 72店の屋台が並び、比内地鶏の串焼きやフランクフルト、馬肉煮込み、うさぎ汁、タンロースト、秋田牛厚切りステーキなどを販売。初日の4日は曇り空で時折雨が降り、入場者は少なめだった。一部店舗で長蛇の列ができたものの、多くの出店者は苦戦した。
 最終日は朝から雨が降り、客足が心配されたが、正午には駐車場500台分が埋まるほどの混雑ぶり。各店に行列ができ、一時的に商品が売り切れる店舗も見られた。
 肉料理の早食い大会「フードファイト」が行われ、高校生を含む男性5人が挑戦。牛ステーキ300㌘やフランクフルト3本、馬肉のホットサンドを食べきる予選で2人に絞り込まれ、おにぎり5個分とハンバーグやハムカツなどの「特製ライスバーガー」で決勝に臨んだ。出場者は時折苦しい表情になりながらも、次々と?張っていた。
 スポーツイベントはドーム内でリアル野球盤、アリーナで男子プロバスケットボール・秋田ノーザンハピネッツ交流イベント、屋外ステージでアームレスリング大会を展開した。ボードゲームを再現したリアル野球盤は、内外野にヒットやアウトのエリアを設定、ピッチングマシンが放つボールを打つゲームで、子どもから大人まで快音を響かせた。アームレスリングは小中学生と一般男女合わせて県内外から37人が参加し、腕力自慢が真剣勝負を繰り広げた。
 主催した大館食の祭典協議会(白川懸士会長)によると、期間中の来場者は5万8000人。初日が2万1000人、2日目3万7000人と発表した。駐車場利用者750台のナンバーを調べたところ、県内が75%で最も多く、青森18%と続いた。北海道や岩手、山形、福島、関東方面のナンバーもあった。
 虻川洋行実行委員長は「多くの人が来て、多彩な肉料理に満足してもらえたと思う。県外客も見られ、大館の食文化を発信できたのではないか」と話していた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る