本文へ移動

今日のニュース

山車10台にぎやかに 小坂七夕祭開幕 今夜見せ場の合同運行

2018-08-05
山車を元気よく引く子どもたち(小坂町野口)
 約100年の歴史を誇る小坂町の「小坂七夕祭」(町七夕祭振興会主催)が4日、開幕した。今年は町マスコット「かぶきん」やアニメのキャラクター、武者人形をモチーフにした山車10台が参加。初日は町内運行が行われ、各参加団体がにぎやかなはやしを響かせながら練り歩き、住民たちの目を楽しませた。5日まで。
 七夕祭は、明治末期に小坂鉱山の従業員がふるさとをしのび、鉱山の繁栄と農家の豊作を祈念して始めたとされる鉱山文化の一つ。現在は8月の第1土・日に定着した。
 今年は主に町中心部の自治会や地区連合、小坂ふくし会、小坂高校、有志団体が華やかな山車を製作し、参加した。
 初日は、それぞれの団体が山車小屋で最終仕上げなどを行った後、周辺地域などを運行した。「黒田官兵衛」の山車を製作した川上連合は午前中から運行し、地域にある福祉施設などを訪れた。大太鼓、小太鼓、ハーモニカ、笛、かねによる独特のはやしに合わせながら、子どもや若者たちが元気よく山車を引いた。
 住民たちは自宅の庭や沿道に出て、夏の風物詩を堪能。沿道で見ていた女性(86)は「毎年楽しく見せてもらっている。これからもずっと続けてもらいたい」と話した。
 5日は日中が町内運行、夜は最大の見せ場の合同運行が午後7時30分から明治百年通りで行われる。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る