本文へ移動

今日のニュース

世界遺産へ「張り切って」 北秋田市の伊勢堂岱遺跡 ジュニアガイド始まる

2018-08-05
縄文時代の遺跡を解説するジュニアガイドたち(中央)=伊勢堂岱遺跡
 北秋田市脇神の伊勢堂岱遺跡で4日、地元小中高生による「ジュニアボランティアガイド」の活動が始まった。同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が7月に世界遺産国内推薦候補に選ばれてから、初めて迎える活動期間(19日まで)で、ガイドたちは「たくさんの人を案内したい」と張り切っている。
 ジュニアガイドの活動は2015年度にスタート。一般のガイドとは別に、ガイダンス施設・伊勢堂岱縄文館や遺跡自体の案内、解説を担っている。18年度は北秋田市や大館市の小学4年生から高校1年生まで40人が参加した。
 夏休みに行う恒例の活動期間は2年ぶり。昨年7月に市職員がクマに襲われる被害が発生し、遺跡の公開自体が見送られてきた。安全対策を講じて今年春に再開した。
 さらに7月19日、文化審議会が世界遺産登録国内推薦候補に縄文遺跡群を選定。6度目の挑戦でついに選ばれたとあって、ジュニアガイドは格別の思いで夏を迎えたという。
 4年前から連続参加している鷹巣中1年の梶原楓華さん(13)は「参加1年目の子が『どう説明すればいいか』と聞いてくれる。みんな張り切っていると思います」。
 小学時代から一緒に参加してきた同1年の米山奈那さん(12)も「自分ができることを楽しんでガイドしたい」と意気込む。二人とも中学生になって勉学や部活動で忙しい生活を送るようになったが、ガイドは続けてきた。夏休みは土日返上で「できるだけ参加したい。世界遺産登録が決まるまで活動したい」と話した。
 初日は午前13人、午後10人がガイドを担当した。午前9時30分ごろ、最初の客が現れると2人一組で縄文館、遺跡と順番に案内した。遺跡では時折、後ろ向きで歩いて客と顔を向き合わせながら話すガイドもいて、おもてなしの姿勢を見せていた。来場客はガイドの説明をうなずきながら聞いていた。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る