本文へ移動

今日のニュース

かづの厚生病院の出産 10月1日、大館に集約 総合病院で整備進む

2018-08-04
分娩室を増設する工事が進む大館市立総合病院
 鹿角市のかづの厚生病院の出産取り扱い機能が10月1日に大館市立総合病院へ完全集約されることを受け、総合病院で受け入れに向けた施設整備が進んでいる。厚生病院の年間分娩(ぶんべん)件数は約200件で、分娩室1室と診察室2室を増設し対応する。工事は7月に着工し、9月に完成予定。総合病院では助産師の採用を進めるほか、鹿角側と病診連携などについて話し合っており、「安全でスムーズな受け入れに向け体制を整えていく」と話す。
 医師不足などを背景に、厚生病院産婦人科に医師を派遣している秋田大、岩手医科大、総合病院に派遣している弘前大の3大学の申し合わせで出産取り扱い機能を総合病院に集約する方向性が示された。総合病院は昨年2月から鹿角地域の里帰り出産に対応してきたが、「人的、設備的に上限に達している」と要望し、県が集約化に伴う施設整備を行うことになった。
 総合病院事務局によると、5病棟に分娩室1室(約51平方㍍)を増設し、計3室とする。病室1室を改築し、空調や電気設備、自動ドアを設置するなどし、診察台やモニターなどの機器を導入する。産婦人科外来は高層棟2階にあるが、3階の麻酔科外来を改修し、新たに産科外来用の診療室2室を造る。
 実施設計を経て、7月11日に着工。麻酔科外来の工事は騒音などに配慮して土日に行っており、完成予定は9月末。設計費213万円、工事費2203万円、医療機器整備などに約7400万円で、総事業費は約1億円を見込む。
 集約化に伴い、医師は秋田大、岩手医科大から各1人が派遣される予定。助産師は「2~3人増員したい」とし、1人は採用済みで、さらに採用試験を行っている。
 鹿角市や小坂町、総合病院などによる関係者協議はこれまで2回開かれ、具体的な受け入れ体制や病病連携、病診連携について話し合ってきた。完全集約は10月1日。鹿角地域で出産予定日が9月15日以降の人は総合病院での出産となり、厚生病院での妊婦健診は32週までとし、34週以降は総合病院で受診することなどを申し合わせた。
 事務局によると、年間分娩件数は総合病院が約500件、厚生病院は約200件。「年間700件を想定し、現在施設や助産師などの体制を整えている。今後は大館と鹿角の距離をどうやって埋め、安全な診療や出産につなげられるかがポイントになり、協議を進めていく」と話した。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る