本文へ移動

今日のニュース

8月のニュース

「マサル」ぬいぐるみに 戌年「国内外に魅力発信」 大館の秋田犬保存会

2018-08-04
秋田犬保存会が販売する「マサル」のぬいぐるみ(秋田犬会館)
 大館市に本部を置く秋田犬保存会(遠藤敬会長)は、フィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈った秋田犬「マサル」を模したぬいぐるみを販売する。「戌(いぬ)年」に合わせ、秋田犬の魅力を国内外に発信しようと話題の「マサル」をモデルにした。同市の秋田犬会館で1日から予約受け付けを開始。今月下旬から発送、窓口での販売を始める予定にしている。
 「戌年」に合わせてグッズ製作を検討する中で、5月中旬に横浜市のぬいぐるみメーカーから商品開発と販売の企画を持ち込まれた。助言をしながら協議を重ね、目の位置、耳の角度など細部までこだわった商品を誕生させた。
 ぬいぐるみは「立ちポーズ」と「座りポーズ」のMサイズ(高さ各22㌢)、Lサイズ(同36㌢、37㌢)計4種類を用意。愛らしい目やピンと立った耳、くるりと巻いた尻尾など、秋田犬の特徴を再現した。実際の「マサル」と同様に赤毛で、赤い首輪もザギトワ選手が使用するものを模し、メダル型プレートを取り付けた。価格はMサイズが2500円、Lサイズが6800円(いずれも税別)。
 このほか、素材の異なるハンドパペット2種類も販売する。価格は1000~1300円(同)。
 ぬいぐるみ、ハンドパペットを合わせて初回生産分は1万3000体。秋田犬会館で1日から予約受け付けを始めた。既に多くの問い合わせが寄せられ、注文が殺到している状況。会館のほか、今後は駅や空港などでも販売する予定で、増産を検討しているという。
 保存会は「『マサル』に勝るとも劣らない出来。秋田犬人気をさらに高めるような商品になってほしい。秋田犬の魅力を国内外に発信できたら」としている。
 問い合わせは同会館(電話0186・42・2502)。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る