本文へ移動

今日のニュース

北秋田 国立市訪れ太鼓披露 参加市民が成果報告

2018-08-04
国立市での交流活動を報告した市民ら(北秋田市役所)
 北秋田市の合川太鼓保存会(松橋勝美会長)と障害者生活支援センター「ささえ」の会員ら29人が7月下旬、同市と「交流共同宣言」した東京都国立市を訪れ、太鼓演奏などを通じて交流を深めた。3日に北秋田市役所で交流の成果を報告した。
 国立市との交流は旧合川町時代から40年近く続いている。平成の市町村合併で一時途絶えたが、2014年に再開。合川地区に伝わる「まと火」を国立で再現するため、住民有志が上京し協力してきた。
 今回は「国立まと火」(22日)の太鼓出演と演奏交流、公共施設の一角に障害者カフェを全国でいち早く開設した「喫茶わいがや」などの先進地視察を目的に交流を計画。保存会員17人、ささえ関係者12人が参加し、7月21日から3日間、「なかま交流プロジェクト2018」という名称で実施した。
 プロジェクトの実行委員長を兼ねる松橋会長ら8人が市役所を訪れ、津谷永光市長に「交流し見聞を深めてきた」と報告した。国立市の「やぼ天神太鼓」と合同演奏したり、ワークショップ形式の交流を図ったりしたという。合川中2年の佐藤琉輝さんは「自分なりに太鼓をたたくことができて良かった。また行きたい」と交流継続を期待した。
 ささえ利用者の佐藤工さんらは、文科省の「障害者のための生涯学習推進事業」の一環で参加した。将来、カフェ開設を目標にしていて「障害の有無にとらわれないカフェを開きたい」「今後の事業展開をしていく上での道しるべを仲間と共有できた」などと語った。
 津谷市長は「北秋田市の良いところをPRしてくれた」「素晴らしい報告に感謝します」と市民レベルの交流を喜んだ。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る