本文へ移動

今日のニュース

記録的暑さ、熱中症増加 北鹿地方搬送50人 大館で今年県内初の死者

2018-08-03
 記録的な暑さに見舞われている北鹿地方で、熱中症による救急搬送が相次いでいる。北鹿3消防本部によると、今年夏に搬送された人は7月末現在で50人。昨年同時期を9人上回る。大館市では31日に県内初の死者も出た。8月も厳しい暑さが続くとみられ、消防は予防や対処法を周知しながら注意を呼び掛けている。
 秋田地方気象台によると、7月の平均気温は大館市で24・3度、北秋田市鷹巣で24・2度を記録し、どちらも7月では統計史上2番目の高さとなった。同市脇神では23・4度、鹿角市八幡平では21・1度で、共に7月の史上第1位を更新。各地で平年より1・7~2・4度も高かった。最高気温が35度を超える「猛暑日」や、30度以上の「真夏日」が連日続いた。
 「30年に1度以下の異常気象」(気象庁)と呼ばれる暑さの影響で、北鹿地方では熱中症の疑いで搬送される人が例年より増えている。大館市、北秋田市、鹿角広域の3消防本部によると、今年夏に搬送された人の数は7月31日現在で▽大館管内=25人▽北秋田管内=8人▽鹿角管内=17人―。前年同期と比べると、大館で5人増、鹿角で6人増、北秋田で2人減。
 このうち大館市では2015年以来の死者も出た。31日午後5時30分ごろ、買い物から帰ってきた男性(71)が自宅内で倒れていると家族から119番通報があった。搬送時には意識がなく、体温は42度を超えており、約1時間20分後に市内の病院で死亡が確認された。熱中症による死者は今年県内初。
 同市では重症者も2人出ている。7月中旬までは屋外での運動、作業中に体調不良を訴える人が中心だったが、猛暑が続いた7月下旬からは「屋内での発症者も増え、例年より搬送が増えている状況」という。
 大館市消防本部によると、予防のポイントは▽部屋の温度、湿度をこまめに確認する▽室温28度を超えないようエアコンや扇風機を使用する▽こまめに水分補給する▽外出時は涼しい服装で、日よけ対策をする▽屋内でも屋外でも適度に休憩を取る―など。
 暑さで体調を崩した人を発見した際は「涼しい場所に移動させ、服を緩めるなどしてほしい。屋内ではぬれたタオルで脇を冷やしたり、うちわであおいだりするのも効果がある」という。「症状が改善しない場合はいち早く119番通報するか、医療機関を受診してほしい」と訴えている。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る