本文へ移動

今日のニュース

県内初 ブロック塀撤去に補助 鹿角市臨時議会 補正予算に20件分

2018-08-03
2議案を可決、閉会した鹿角市臨時議会(市役所)
 鹿角市の臨時議会は2日開き、市独自のブロック塀等撤去支援事業費補助金400万円を計上した2018年度一般会計補正予算と物品購入の議案2件を原案通り可決し、閉会した。ブロック塀等撤去支援事業費補助金は県内の自治体では初の導入。来週早々にチラシを全戸配布し、13日から申請を受け付ける。
 一般会計補正予算は歳入歳出に400万円を追加し、総額を180億6597万円とした。
 ブロック塀等撤去支援事業費補助金は、大阪府北部地震を受けて、大きな地震等で倒壊する恐れのあるブロック塀の撤去を促進するため、市独自の補助制度を新設した。当初は9月議会での補正予算案提案を目指す見通しだったが、市民の安全対策を急ぎ、臨時議会で対応することにした。
 補助金の交付対象は、公道等の道路に面し、高さが基準を超える個人所有のブロック塀等を撤去または一部を撤去して基準内とする工事。補助率は10分の8、上限は20万円。今回は20件分を計上したが、申請がこれより多い場合は「補助金の追加を考える」(市)という。工事完了期限は20年3月31日。
 鉄筋等の補強の有無が目視で確認できないため、組積造の塀の構造基準を適用。厚さ10㌢で高さ60㌢以下、厚さ12㌢で高さ80㌢以下、厚さ15㌢で高さ1㍍以下、厚さ19㌢で高さ1・2㍍以下―とする。
 事業所所有の塀は対象外。修繕だけの申請はできない。塀の所有者が市外に在住していても申請できるが、周知については空き家等の調査を実施した上で対応する考え。
 議員から「危険でも持ち主から申請がなければ撤去できないのか」との質問があり、当局は「行政として強制力を持った指導はできないが、チラシの配布等で補助制度を把握していただくことになる」と答えた。
 物品購入は市消防団1分団第1部(六日町)に配備する消防ポンプ自動車。指名競争入札の結果、山口電気通信(山口茂社長)が落札。契約額は2095万2000円(税込み)。納期は来年2月15日。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る