本文へ移動

今日のニュース

小坂から夏向けの新ワイン 生食用が原料 あすから限定販売

2018-07-27
28日から数量限定で発売される夏向け新ワインの赤㊧と白
 小坂町のワイン製造施設「小坂七滝ワイナリー」で醸造された夏向け新ワインが完成し、発表会が26日、小坂鉱山事務所で開かれた。「国内でも珍しい」(町担当者)という町で栽培された生食用ブドウ「スチューベン」を原料に、特殊製法で仕上げた甘口の白と赤の2種類。ワインの常識を覆し、たっぷりと冷やして氷を入れたり、オレンジ果汁で割ったりなどして味わうことができる。28日からいずれも700本限定で発売する。
 新ワインの商品目は、白が「ジューシー・スチューベン・フリーラン・ブラン・ド・ノアール2017」(アルコール度数4・5度、税別1800円、720㍉㍑)、赤が「サマー・レッド・スチューベン・ドリンク・オン・アイス2017」(同8度、同1500円、同)。
 いずれも生食用のスチューベンを原料にしている。特に白は、七滝ワイナリーに整備されている特殊な搾汁機を使用し、黒ブドウから果肉だけをつぶして作る醸造「ブラン・ド・ノワール」が行われ、自然に流れ出す果汁100%を使用した「フリーランワイン」となってる。
 白、赤とも甘口でフルーティーな仕上がり。冷やして味わうとさらにおいしさが増すという。白はデザートやスイーツに合い、赤は氷をたっぷりと入れ、ライムやオレンジ果汁を搾ると、バーベキューなどにもぴったり。
 発表会で細越満町長は、新ワインについて「生食用を原料にしているので、県内の生産者との連携も可能となり、今後の事業発展の足がかりとなる商品」とした上で、「合わせる料理や飲み方で、小坂ワインを購入する人にとって選択肢が広がるなどのメリットがある」と期待した。
 新ワインは町内の酒販店、スーパー、観光施設などのほか、鹿角市のスーパーなどで発売される。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る