本文へ移動

今日のニュース

北陽、無念の完封負け 全県少年野球 17三振で本塁遠く

2018-07-26
5回まで被安打1の好投を見せた北陽の関汰(こまちスタジアム)
 初日の25日は秋田市のこまち、八橋両球場で1回戦4試合を行った。北鹿勢は、北陽(大館北秋田2区)が能代南(能代)との初戦に臨んだ。17三振と的を絞れなかった北陽は、反撃の糸口をつかめず完封負けした。第2日の26日は大館東、花輪一、下川沿の3校が登場する。
 ◇1回戦【こまち球場】
北 陽 0000000 0
能代南 100103× 5

 ▽二塁打=大山(能)▽併殺=北陽1▽暴投=北陽5
 攻撃でリズムをつくれなかった北陽は能代南に完封負けを喫した。
 初回、北陽は1死から四球で出塁を許すと、二つの暴投で先制された。4回には2死二塁から適時二塁打を浴びて1失点。6回には連続四球の後、2点適時打と暴投で3点を追加された。
 攻撃は相手2投手に17三振を奪われ、無安打に終わった。4回に2死から高清水が四球で出塁。続く藤原雷の内野ゴロが敵失を誘い、さらに死球で満塁の好機をつくったが、後が続かず。6回にも1死二塁の得点機を生かせなかった。
 北陽・佐々木壮監督の話 満塁で点を取れていれば流れが変わったかもしれない。投手はよく投げ抜き、守備も頑張った。我慢強いところは見せることができた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る