本文へ移動

今日のニュース

体育館と武道場改修 大館市の花岡スポーツ公園 1月供用開始を目指す

2018-07-26
改修工事を行う体育館。奥に武道場がある(大館市花岡町)
 大館市は、花岡総合スポーツ公園(旧大館工業高)体育館・武道場の改修工事を発注した。多目的プールなどに続く実質2年目の整備事業。建物はほぼ現状のまま活用できるため電気設備工事が主体で、トイレや管理人室などを新設する。12月までに改修し、1月に供用開始する計画だ。
 体育館は鉄骨造り1227・97平方㍍で1983年11月に完成した。改修ではトイレと管理人室を設けるほか、照明のLED(発光ダイオード)化、ソフトテニス用支柱取り付け金具設置、消防設備改修、車いす向けスロープ設置を計画している。88年3月に建てた武道場は木造平屋350・26平方㍍で、新たにトイレを設ける。電気工事は6月21日、建築工事と機械設備工事は今月12日に入札を行った。事業費は合わせて約6700万円。
 桂城公園に隣接する市民体育館と武道館の老朽化が著しいため、いずれも2019年度の解体を予定しており、11月末まで供用し、12月から使用を停止する。それぞれの備品はスポーツ公園の体育館・武道場に移す予定。
 スポーツ公園は、県から昨年3月に無償譲渡を受けた土地(5万3241平方㍍)と建物を活用する。同7月には多目的プールと多目的運動広場、多目的室内運動場を供用開始。初年度の利用はプール(7~9月)1193人、運動広場(7~10月)563人、室内運動場2843人の計4599人だった。
 耐震不足の教室棟と第1体育館は県が解体する方針で、本年度予算に実施設計費を計上している。テニスコートも使わず、跡地は駐車場として利用したい考え。管理棟と実習棟については活用策を検討している。基本構想は5カ年で使用可能な施設から段階的に整備する方針。
 議会から交流人口拡大に向け「合宿誘致を」との意見が出ており、スポーツ振興課は「いろいろな運動を楽しめる『スポーツガーデン』として広域的に利用される施設整備を進めていきたい」としている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る