本文へ移動

今日のニュース

憧れの看護の現場は 鹿角の高校生男女24人 3病院で「ふれあい体験」

2018-07-26
手術室で腹腔鏡手術を体験する生徒たち(かづの厚生病院)
 夏休み中の高校生に看護師の役割と機能を理解してもらう「ふれあい看護体験」が25日、鹿角市内の病院であり、看護師を目指す生徒たちが、実際の現場で看護師の仕事と真剣に向き合った。
 県看護協会鹿角地区支部(木村陽子支部長)の恒例事業。十和田、花輪両高校の男女24人(男子6人、女子18人)が参加し、かづの厚生、鹿角中央、大湯リハビリの3病院で行った。
こ のうち、厚生病院では両校の3年生9人が体験した。白衣を着た生徒たちが最初に向かった所は手術室。入念に手洗い、消毒をした後、白衣の上から術衣を着用し、手術室の中へ。緊張した面持ちでモニターを見ながら、内視鏡などの器具を使って腹腔(ふくくう)鏡手術を模擬体験した。
この後、各病棟を巡り患者と触れ合ったほか、2、3年の駆け出しの若手看護師から体験談を聞いたり、意見交換したりした。
 十和田3年の成田未羽さん(17)は「子どもの頃、手術したことがあり、看護師に優しくしてもらってから憧れを抱いた。大学に進学し、将来は看護師として県内で働きたい」と意気込む。今回の体験は「看護師として何が大切なのかを学びたかった。集中力と、周りとの連携が大切」と充実した表情を見せた。
 同支部の木村支部長は「看護師は思いやる心が大事で、それがなければ患者の心に寄り添えない。多くの人たちが進学先で基礎を学んでから、将来は地元で働いてもらいたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る