本文へ移動

今日のニュース

ぶっかけみこし威勢よく 鷹巣神社祭典 五穀豊穣や商売繁盛祈願

2018-07-26
みこしを担いで商店街を練り歩き、地域を盛り上げた(たかのす銀座通り商店街)
 北秋田市の鷹巣神社(田島秀彦宮司)の例大祭が24、25日に行われた。25日は本みこしなどが地域を巡行し、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛を祈願した。
 本祭の25日は午前8時から神事が行われ、みこしが地域を回った。午後からは市商工会青年部を中心とした地域住民ら約30人が担ぎ手となってJR鷹ノ巣駅を出発。商店街を練り歩き、太鼓や笛の音、担ぎ手の掛け声を響かせた。
 市商工会青年部は両日ともみこしを巡行し、25日の午前中には初めて「ぶっかけみこし」にも取り組んだ。担いだのは7年前に綴子神社に奉納されたみこしで、今後、東日本大震災の被災地にある神社へ贈る予定だという。
 コムコム駐車場で鷹巣中央保育園の3歳児18人がバケツに入った水を掛けた後、駅前方向に出発した。歩行者や商店街の店主らがホースなどで水を浴びせる中「ワッショイ、ワッショイ」と威勢のいい掛け声とともに練り歩いた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る