本文へ移動

今日のニュース

「ヨイサッサ」軽快に 鹿角市の湯瀬先祓舞 温泉街に掛け声響く

2018-07-17
温泉街を回る湯瀬先祓舞(湯瀬温泉郷)
 鹿角市の無形民俗文化財「湯瀬神明社先祓舞」が16日、八幡平湯瀬地区で行われ、みこし渡御の先払いとして伝統の舞が繰り広げられた。
 岩手県の兄川から始まった先祓舞が兄畑を経て、1925(大正14)年に湯瀬に伝えられたといわれる。みこしの先払いとして舞い、水田や畑の作付けから虫よけ、収穫などを表現するほか、無病息災、火伏せなどの祈りが込められている
 湯瀬特別財産管理委員会や湯瀬神明社先祓舞保存会などが保存に努め、神明社例祭の宵宮(15日)、本祭(16日)で奉納。例年、湯瀬温泉まつりでも両日行われている。
 昨年は、雨が降りしきるあいにくの天気となったが、今年は曇り空。午後2時ごろ、隊列を組んだみこし渡御の一行が太鼓の先導で神社を出発。
小中高生16人の踊り手が、袖に鈴を付けた肌着、じゅばん、手っ甲など華やかな衣装を身に着けて、刀を手に舞い踊り、軽快な祭りばやしと「ヨイサッサ」の元気な掛け声が温泉街に響き渡った。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る