本文へ移動

今日のニュース

十和田湖を盛り上げよう 境界確定10周年の湖水まつり 県境またぎ綱引き

2018-07-16
県境をまたいで熱戦を展開した綱引き大会(両国橋付近)
 十和田湖に夏の観光シーズンの到来を告げる湖水まつりが14、15の両日、湖畔休屋で開かれ、花火大会など多彩な催しが繰り広げられた。15日は秋田、青森の県境にある両国橋周辺で、湖面の県境確定10周年を記念した綱引き大会が行われ、地元住民や観光客ら約30人が「一緒に十和田湖を盛り上げよう」と元気に綱を引き合った。
 実行委員会(高瀬宗明委員長)の主催。53回目の今回は恒例の花火大会や花火観覧船の運航、乙女の像ライトアップ、カヌー体験、湖畔散策ガイド、ヒメマスのキーホルダー作り、よさこい演舞、ペダルボートレース、歌碑「十和田湖」(作詞・北川文化、作曲・原譲二、歌唱・北島三郎)の完成セレモニーをはじめ楽しい催しを企画した。
 十和田湖の境界問題は1871(明治4)年の廃藩置県以来の懸案だったが、2008年に両県、小坂町、十和田市の4者協議を経て決着。湖の北側にある御鼻部山の頂上から神田川河口を結ぶ線を境界とし、湖面の面積を小坂町4割、十和田市6割の比率で分割した。
 今年で10周年の節目を迎え、湖水まつりに合わせて綱引き大会や青空市などの記念イベントを両国橋付近で実施。「県境を越えて一緒に十和田湖を盛り上げていこう」(実行委)との願いを込めた。
 県境をまたいでの綱引き大会は10年の「国境祭」以来の開催。子どもから大人まで約30人が参加し、人数の多かった青森県が勝利した。
 熱戦を見守った小坂町十和田湖大川岱の大森昌雄さん(79)は、両県両市町が08年、増額となる地方交付税相応額をその後10年間にわたって十和田湖の環境保全や景観対策の推進などに充てる覚書を締結したことについて「今後も引き続き十和田湖の観光振興などに充ててほしい」と話していた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る