本文へ移動

今日のニュース

五穀豊穣を願い 大太鼓鳴り響く 北秋田市・綴子神社例祭

2018-07-16
ごう音を響かせて練り歩く綴子大太鼓(北秋田市綴子)
 北秋田市の綴子神社(武内尊英宮司)の例祭が15日、行われた。世界一の大きさで知られる綴子大太鼓を引き連れた大名行列が集落を練り歩き、大きな音を響かせながら五穀豊穣(ほうじょう)を願った。
 659年の創建で、東北地方最古の八幡宮とされる神社。奉納行事は鎌倉時代の弘長2(1262)年、農業用水の不足に悩んだ村人たちが太鼓の音を雷に見立てて行った雨乞いの神事が始まりとされ、750年以上続く伝統行事として受け継がれてきた。
 かつては「徳川方」の上町と「豊臣方」の下町が、先を争って奉納するけんか祭りだったが、現在は1年交代で奉納している。今年は綴子大太鼓の中で最大の直径3・8㍍の大太鼓を持つ上町が当番を務めた。
 大名行列には前日の宵宮から地区外の人も含め、約100人が参加。気温30度を超える日差しの中、華やかな祭り装束に身を包んだ「奴(やっこ)」や「獅子」が大太鼓とともに神社まで練り歩いた。地元住民のほか市内外から大勢の見物客が訪れ、行列に見入っていた。
 境内では、わらを束ねた「湯ぼうき」で大釜の湯をかき回し、泡の立ち方で今年の作柄を占う湯立ての神事が行われた。武内宮司は「作柄はあまり良くないが、皆さんの努力と天候によって平年作に近づく。愛情を込めて育てて」と告げた。
 神事の後は躍動感あふれる獅子舞や奴踊りが奉納された。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る