本文へ移動

今日のニュース

ベテランの夏、闘志新た 本社主催・北鹿360歳野球 組み合わせ決まる

2018-07-15
参加チームの代表がくじを引いた抽選会(北鹿新聞社)
 北鹿新聞創刊100周年記念第68回北鹿360歳野球大会(北鹿新聞社主催)の組み合わせ抽選会と開会式は14日、大館市の本社大ホールで行われ、参加35チームの対戦相手が決まった。大会は28日に開幕。長根山、田代、達子森の3球場を舞台に、658人のベテラン球児が紅鷲旗を懸けて熱戦を繰り広げる。
 参加数は前回と比べ2チーム増の35。鹿角市の秋田MAJESTICが初、大館市の花矢クラブが2年ぶりに参戦する。
 開会式では、前回初優勝を果たした北秋アローズが優勝旗を返還。田中厚社長が「大会は野球で地域を元気にしようと昭和26年に始まった。68回まで続けてこられ、選手やチームに感謝したい。おかげさまで北鹿新聞は今年で創刊100周年を迎え、支援のたまもの。今年も炎天下の試合になると思うが、体調に注意し、けがのないようプレーしてほしい」などとあいさつした。
 審判長は桜田隆雄・県野球協会審判部大館支部長が務める。審判からの諸注意に続き、各チームの代表がくじを引いた。
 抽選の結果、長根山ブロックには前回王者の北秋アローズのほか、同4強のノース☆ヤンキース、15の最多優勝記録を持つ鷹巣野球クラブが入り、激戦となりそう。田代ブロックには前回準優勝の大館メジャーズ、同4強の熊球クラブなどが顔をそろえた。
 7月31日現在のチーム平均年齢で最も若いのは、秋田MAJESTICの41・20歳、最高は大館桂友クラブの59・18歳。40歳から76歳までの選手が参加する。
 出場資格は満40歳以上で、北鹿地方に住むか職場がある人。大会は28、29日、8月4、5日の4日間。初日は3球場、第2、3日は長根山、田代の2球場。最終日は長根山で準決勝、決勝を行う。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る