本文へ移動

今日のニュース

「通学しやすい場所に」 小坂高校 発展支援協 統合校で意見相次ぐ

2018-07-15
小坂高校発展支援協議会の総会(セパーム)
 小坂町の官民団体でつくる小坂高校発展支援協議会(会長・細越満町長)は13日、セパームで総会を開き、小坂、十和田、花輪の鹿角3高校の統合校設置場所について、会員は町内の生徒も通学しやすいよう、適地への建設の思いをあらためて強く示した。
統 合に向けては、3校のPTAや同窓会、教育行政、産業団体の代表らによる協議会が今年4月に県教委へ報告書を提出。設置場所は「通学の利便性、教育環境を重要視するという観点に立ち、新たな場所へ新校舎を建設することを求める。一部の委員からは、早期実現の観点から既存校舎の活用を望む意見も出ている」などとしていた。
 設置場所については、鹿角市の6月定例議会の一般質問で、児玉一市長が早期実現や市内中学生の進学状況などを踏まえ、「現在の花輪高校校舎の活用が最善」と考えを示した。
 総会で市長の考えについて会員が異論を唱え、「現在の花輪高校は通学面で不便。毛馬内、十和田地区、小坂は難儀して統合という道を譲った意味がなくなる」「大概の人は鹿角の真ん中に、生徒が胸を膨らませて通える校舎であってほしいと願っている。衆知を集めた報告書なので、過敏に反応する必要はない」「県教委には統合する存在意義を分かってほしい」などと意見が出された。
 同会は本年度も事業として、小坂高校の志願者増に向けてPRチラシやポスターの作成、ホームページの充実、在校生のキャリアアップを狙いに資格取得支援制度、ものづくりへの意欲や技術向上を目指した支援などを続ける。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る