本文へ移動

今日のニュース

鷹巣技術専門校 ホワイトヘッドの木製飛行機を復元 空港20周年イベントで公開

2018-07-13
木製飛行機の復元に取り組む訓練生(鷹巣技術専門校)
 北秋田市綴子の県立鷹巣技術専門校(永澤亮校長)は大館能代空港の開港20周年に合わせて、ライト兄弟より前に世界初の有人動力飛行に成功したといわれているグスターヴ・ホワイトヘッドの木製飛行機の復元に取り組んでいる。復元した機体は22日に同空港で開かれる開港20周年記念イベントで公開する。
 ホワイトヘッドはドイツ生まれの航空技師。1901年、アメリカのコネティカット州で単葉機「No.21」を高度15㍍で800㍍ほど飛行させたとされる。飛行中の写真など正式な記録は残っていないが、03年のライト兄弟による初飛行より早い世界初の有人動力飛行とする説がある。
 同校は地元の技術専門校としてものづくりで地域に貢献しようと、空港20周年に合わせた作品の製作展示を昨年から計画。日本で知名度が低いホワイトヘッドの製作した飛行機の復元に挑戦することを決めた。
 機体の復元には住宅建築科と建築工芸科の1、2年生計7人と職員が参加。4月末から設計を開始し、5月中旬から本格的に製作に取り掛かった。
 アメリカで作られたレプリカの写真や記録などを参考にしながら、構造を忠実に再現。細部に関してはレプリカを展示している同州の航空博物館に問い合わせて確認した。
 会場までトラックで運べるよう実物の9割程度の大きさになるよう設計した。全長8・5㍍、幅9・2㍍、マストまでの高さは2・7㍍。胴体は秋田杉をメインに、補強のため合板材も使用。翼は竹を骨組みに使い、住宅用の防水シートを貼る。飾り用のプロペラは秋田杉の板を7枚重ねて削り、手作業で滑らかに仕上げている。
 機体はほぼ完成しており、現在は翼にシートを貼るための調整などを行っている。製作作業に参加している1年生の日景恵美梨さん(16)は「自分で思っていた以上に大きな機体で驚いた。見た人に感動を与えられるような作品にしたい」と話していた。
 復元機は22日、記念イベントが行われる大館能代空港の野外広場で公開される。時間は午前10時から午後3時。機体への搭乗も可能で、記念撮影を楽しむことができる。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る