本文へ移動

今日のニュース

里の木で県内最大級 鹿角市花輪 金澤家の大グリ 東北巨木調査研究会が視察

2018-07-13
幹周り4・3㍍の「金澤家の大グリ」(花輪鶴田)
 幹周りが約4・3㍍と、里にあるクリの木では県内最大級といわれる巨木が鹿角市花輪鶴田にある。巨木愛好家らでつくる東北巨木調査研究会の会員らが12日、現地を視察し、あらためてその大きさや生育状態を確認した。
 同研究会は東北にある巨木の調査・研究を通して、地域への助言・提言などを行い、巨木を取り巻く環境の保護や向上に取り組んでいる。
クリの巨木があるのは鶴田の金澤一男さん(69)方の庭。一部に枝枯れが発生するなどしたため、金澤さんから相談を受けた同研究会秋田支部長で民俗学フィールドワーカーの五十嵐洋さん(54)=大館市=と樹木医の熊谷良政さん(75)=鹿角市花輪=が視察に訪れた。
 この巨木は同研究会が2016年に測定し、環境省の巨樹・巨木林データベースに「金澤家の大グリ」として登録。それによると、地上高1・3㍍の幹周りが4㍍35㌢、樹高18㍍、樹齢は不明。県内では奥山にある木も含めて5番目、里では2番目の太さだが、里で1位だった能代市の「太夫栗」(幹周り5㍍52㌢)は「腐敗して原形をとどめていない」(五十嵐さん)といい、「金澤家の大グリ」が実質的に里で県内最大とされる。これに次ぐ木は大館市比内町扇田のいとく裏にあるという。県内一は仙北市の「白岩岳のクリ」(8㍍13㌢)。
 「金澤家の大グリ」について金澤さんは「私が生まれた頃はすでに大木だった。以前、花輪の旅館前にあった樹齢200年というクリの木を見たことがあるが、それより大きい」と樹齢の長さを示唆する。
 クリの実は「(日本一粒が大きいとされる仙北市西木の)西明寺栗に勝るとも劣らない大きさで、甘みもある」という。主幹の充実ぶりに目を付けた県外の業者に伐採して売ってくれと言われたこともあるが、「先祖代々の引き継ぎ物だから、そう簡単には売れないと断った」と金澤さん。
金澤さん方を訪れた五十嵐さんと熊谷さんは木の大きさを測った後、剪定(せんてい)の方法や時期などに関する相談を受け、樹勢を改善するためのアドバイスを送った。
 この巨木は市道から50㍍ほどしか離れていないが、その存在は市内ではほとんど知られていない。五十嵐さんは「付近の市道が急カーブになっていて、家の屋根も高いので気付きにくいのでは」とし、「普通の民家にこれだけの巨木があるのは珍しく、地域住民にも意識してもらいたい。保育園児に見学に来てもらったり、大グリの子を増やして喫茶店等のメニューにして出すなどすれば付加価値になるのでは」と地域資源としての魅力や価値を話した。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る