本文へ移動

今日のニュース

今年の稲「平年作」 大館 比内町独鈷 大日神社で湯立て

2018-07-12
作柄を占った湯立て(大日神社)
 大館市比内町独鈷の大日神社(神成幸忠宮司)で11日、例大祭が開かれた。熱湯をわらでかき回し、泡の立ち具合で稲の作柄を占う湯立ての儀式では、「平年作」とのご託宣があった。
 氏子ら約30人が参加。境内で行われた湯立てでは、二つの大釜にまきで湯を沸かし、神職2人が稲わらの束で円を描くようにかき回した。
 神職から泡の立ち具合を聞いた神成宮司は、「早生(わせ)は泡の立ち具合がよく、豊作になりそう。晩生(おくて)は気温が関係し、管理が難しくなるとみられる。適期に早めの刈り取りを心掛けてほしい」と述べた。
 同神社は、第26代継体天皇の勅令で523年に建立されたと伝えられている。現社殿は1672(寛文12)年に再建された。中世にこの地を治めた浅利氏、江戸時代には大館城主らの信仰を集めた。例大祭は毎年旧暦の5月28日に行われている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る