本文へ移動

今日のニュース

「伝説の里」語り継ぐ 鹿角 統合控える草木小で「むがしっこの集い」

2018-07-12
地域の人たちを前に民話を発表する児童たち(草木小)
 地域の民話を語り継ぐ「鹿角のむがしっこの集い」が11日、同市の草木小学校(成田勇信校長)を会場に開かれた。「伝説の里」といわれる草木地域。来春の小学校統合を控え、語り部の児童たちが「八郎太郎」の伝説などを発表した。
 集いは、鹿角民話の会「どっとはらぇ」(北村正人会長)が開いており、22回目。草木地域は、八郎太郎をはじめ「佐多六とシロ」「錦木塚」など「伝説の里」とまでいわれる。来年4月、大湯小と統合する同校を会場に「さよなら、草木小」の思いを込めての開催となった。
 会場の体育館には保護者、地域住民など約100人が訪れた。児童は、民話の会の指導を受けて練習してきた成果を発表。4~6年の11人は、はっぴを着込んで、八郎太郎の伝説を語った。方言を織り交ぜながら、気持ちを込めての語り部。会場からは大きな拍手が起こった。
 藤田優雅さん(5年)は「馬の尻穴をのぞいただんなさん」、工藤心桜さん(同)は「草木の雨乞い」、佐藤瑛汰さん(同)は「八郎太郎と神々の戦い」をそれぞれ発表した。
 成田校長は「伝説を語り継ぎ、発信することによって、ふるさとに誇りを持ち、ふるさとを守っていこうという気概を育てたい」と話した。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る