本文へ移動

今日のニュース

インバウンド誘致 「八幡平は穴場」 鹿角 環境省委託のファムツアー

2018-07-11
八幡平山頂周辺を散策するファムツアー一行(山頂レストハウス付近)
 かづの観光物産公社(岩船勝広社長)は環境省の委託を受け、十和田八幡平国立公園を活用したインバウンド(訪日外国人客)ツアーのコンテンツ(中身)を磨き上げるため、外国出身のメディア関係者らに現地を視察してもらうファムツアーを実施している。これをもとにインバウンド向けの旅行商品を企画し、日本最大の総合観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン」(9月・東京)に提案する計画だ。
 環境省は十和田八幡平国立公園を含む全国8カ所の国立公園をモデル地区に選定し、世界水準のナショナルパークとしてブランド化を図る「国立公園満喫プロジェクト」を展開している。
 同省や秋田、青森、岩手の3県などは、十和田八幡平への外国人観光客の誘致や環境整備など、具体的な取り組み方針を盛り込んだ「ステップアッププログラム」を2016年度に策定。外国人観光客を20年までに15年(7000人)の3倍にあたる2万1000人に増やす目標を掲げている。
 ファムツアーは3~5日に十和田八幡平国立公園内の十和田・八甲田地域、9~11日に八幡平地域で実施。
 このうち八幡平地域のツアーには米国、ニュージーランド、デンマーク出身のインバウンド・メディア関係者ら3人をアドバイザーとして招き、環境省や同公社の担当者ら十数人が同行した。
 訪問先は八幡平山頂や大沼の周辺、蒸ノ湯温泉、仙北市の玉川温泉、乳頭温泉、岩手県雫石町の網張温泉など。1日ごとに意見交換の場も設けた。
 10日の午前中、一行は八幡平山頂付近を2時間ほどかけて散策した。
 初めて八幡平を訪れたインバウンドコンサルタントの竹馬スーザンさん(米国出身、東京在住)は「日本アルプスなどに注目がいきがちだが、八幡平は穴場だと思う。山好きな人にはお勧めしたい。スケールが大きく、変化に富んでいて多様性があり、家族連れでも登れるのは魅力」と八幡平へのインバウンド誘致の可能性の高さを話した。
 鹿角市委託の観光プロデューサーで同公社営業部長の清水涼太さんは、欧米豪州からのインバウンド誘致が注目されている中、「ターゲットは厳密に言えばイギリス、ドイツ、香港。この3カ国・地域の人々は、自然にすごく興味を持っているのに十和田八幡平に来ていないという環境省のデータがある」とし、「ツーリズムEXPOジャパンには国立公園の立場からアピールしたい」との考えを示している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る