今日のニュース

扇田病院着服事件 北秋田市の女を逮捕 「金額は覚えていない」

2018-07-10
午後6時ごろ、大館署を出る中嶋容疑者
 大館市立扇田病院で約1億1800万円の外来診療費が着服された事件で、大館署と県警捜査2課は9日、北秋田市脇神字脇神囲ノ内、同病院の元会計窓口担当従業員で無職、中嶋泉容疑者(49)を業務上横領容疑で逮捕した。容疑を認めているが、「着服金額は覚えていない」と話しているという。詳しい動機や着服の手口のほか、共犯者の有無などについて調べている。
 2017年4月、当時勤務していた扇田病院で、患者から外来診療費等を受領する収納業務に従事していた際、患者から受け取り保管していた現金の中から、複数回にわたって外来診療費計193万6763円を着服、横領した疑い。動機については「生活費などに充てた」という趣旨の供述をしているという。
 警察は、昨年8月に市が会見で着服を明らかにしてから、調査に動き出した。11月上旬には病院から領収書控えや日計表など関係資料の提供を受け、事実関係や着服額特定に向けて資料の精査を進めてきた。本格捜査に着手できる見通しが立ったとみられ、市からの被害届を5月6日に、告訴状を同8日に受理した。
 5月10日には中嶋容疑者の自宅を家宅捜索したほか、関係先も捜索し、容疑者と複数回会って事実確認を行ってきた。7月9日午後に自宅で任意同行を求め、容疑を大筋で認めたため、同日午後4時すぎに大館署で逮捕した。
 市によると、中嶋容疑者は2004年から、当時病院の医事業務を受託していたニチイ学館(本社・東京都)の従業員として会計窓口を担当。10年7月に東北ビル管財(本社・大館市)が委託業者になると同社へ移籍し、担当を続けた。08年3月から17年4月までの約9年間にわたり、患者から納付された外来診療費自己負担金の一部、3万227件、計1億1792万円を着服したとされる。
 このうち、警察の捜査で容疑が固まったのは病院を辞める直前の約1カ月分、約193万円の着服。同署は「長期間にわたる犯行のため、(資料精査などの)事実の特定に時間を要した」としている。残りの着服金額についても立件を目指す方針で、再逮捕や追送検も視野に入れて捜査を進めていく。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*