本文へ移動

今日のニュース

大館エコフェア&マンモスフリマ 環境活動に理解 ドームできょうまで

2018-07-08
リサイクルに関するクイズに挑戦する親子(ニプロハチ公ドーム)
 大館市エコフェア&マンモスフリーマーケット12(実行委主催、委員長・坂上隆義環境課長)は7日、ニプロハチ公ドームで始まった。8日まで2日間。初日は環境保護などに携わる企業や団体が活動をPRしたほか、約220のフリーマーケットブースが設置され、来場した家族連れなどがエコ活動に理解を深めた。
 フェアには市内を中心に11企業・団体がPRコーナーを設置。自社製品のほか、リサイクル活動に関するパネルやカタログなどを用意し、環境保護を訴えた。使用済み小型家電・電子機器(こでん)の分解や、廃食用油を原料としたバイオディーゼル燃料(BDF)で動くトラクター乗車などの体験企画も充実させた。「はたらく車の展示」として、普段近くで見る機会の少ない消防車両やごみ収集車両なども展示した。
 あきたエコマイスター県北協議会のブースでは、秋田杉の間伐材を使用したストラップ作り体験コーナーを設けた。親子連れが多く訪れ、思い思いの作品作りを楽しんでいた。大館エコプラザは子ども用スキー用品やベビーカーなどの再生品をオークション形式で販売。開店の午前10時から品定めをする人でにぎわっていた。
 リサイクル金属で2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製造を目指すこでん回収コーナーも数カ所に設置されている。資源リサイクル事業に取り組むDOWAグループのブースでは小型家電の分解体験会が行われ、来場者がドライバーなどの用具を使って携帯電話の分解を体験。担当者から携帯電話1台当たりおよそ0・03㌘の金が含有されていることや、五輪の金メダルには約6㌘の金が使われていることなどの説明を受けた。娘を連れて訪れた40歳代の女性は「基板から金が取れることを初めて知った。再利用できるなら自宅にある古い端末を役立てたい」などと話していた。
 マンモスフリーマーケットは約220のブースが設けられ、衣類や生活雑貨などが出品された。初の試みとして手作りアートを専門としたクラフトエリアを新設し、ハンドメード作品の展示即売会も開かれた。会場内は掘り出し物を求めて品定めする人でにぎわった。
 このほか、市内外の産直品を販売する「大館マルシェ」、県内のご当地グルメコーナーなどが設けられ、家族連れらで大にぎわいを見せていた。最終日は午前10時から午後3時まで。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る