本文へ移動

今日のニュース

小中学生が「地元愛」でバトル 12人がプレゼン 鹿角で青年会議所秋田大会

2018-07-08
県内の小中学生が地元愛をアピールしたメインフォーラム(大湯ストーンサークル館)
 日本青年会議所東北地区秋田ブロック協議会(藤井龍太郎会長)主催の第48回秋田ブロック大会が7日、鹿角市で開かれた。メインフォーラムでは「地元愛プレゼンバトル~僕たち私たちのふるさと自慢~」本選大会が行われ、県内の予選大会を勝ち上がった小中学生12人が「自分たちの住む地域の魅力」をテーマに、郷土への熱い思いをアピールした。
 ブロック大会は県内各地区の持ち回りで開かれ、鹿角市では8年ぶりの開催。テーマは「十八の里に集いし魂たちよ、挑め秋田の変革」。鹿角青年会議所(柳澤康隆理事長)が主管し、各地区の会員、来賓合わせて約250人が参加した。
 メインフォーラムの地元愛プレゼンバトルは「多様化した現代社会の中で、子どもたちに学力だけではなく、応用力を兼ね備えた生きる力を育んでほしい」(藤井会長)と企画した。
 本戦は大湯ストーンサークル館で行われ、中央、県南、県北、鹿角の代表となった小学生7人、中学生5人が出場。鹿角市の阿部一弘副市長ら審査員4人と来場者による投票で順位を決めた。
 持ち時間は小学生3分、中学生5分。小中学生たちは地元の特産品や名物、祭り、自然、名所などを紹介しながら、郷土愛あふれるプレゼンを展開した。
 このうち地元鹿角市の尾崎桜彩さん(草木小5年)は3年前、県外から家族で草木に移住。祖母から聞いて覚えたという秋田弁や、全校で取り組んでいる昔語りを交え、伝説の里とクロスカントリースキーが満喫できる草木の魅力をプレゼンした。
 「八郎太郎伝説」「佐多六とシロ」「錦木塚伝説」の三つの伝説に登場する働き者の若者たちが草木出身であることを紹介。その上で「草木小にも働き者のイケメン男子がたくさんいます。もちろん女子も働き者。働き者の若者の末裔(まつえい)に会いたい方はぜひ草木小に来てみてください。3月で閉校となるので早めに来た方がいいですよ」と「ますます好きになってしまった」という草木を元気にアピールした。
 鹿角パークホテルでは式典が行われたほか、県内各地の青年会議所が取り組んだ事業を表彰する褒賞審査アワードが発表された。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る