本文へ移動

今日のニュース

不審者情報相次ぐ 子どもどう守る 大館 有浦小で対応訓練

2018-07-07
不審者が校舎内に侵入したと想定して行った訓練(大館市有浦小学校)
 大館市内で子どもを狙った不審者に関する情報が相次ぐ中、有浦小学校(永井孝久校長、児童509人)で6日、不審者侵入対応避難訓練が行われた。不審な男が校舎内に侵入したと想定し、職員の対応、児童の避難など一連の流れを確認。被害の未然防止に向けて、本番さながらに取り組んだ。
 市生徒指導協議会によると、2018年度の市内での不審者情報は7件(疑い含む、3日現在)で、17年度1年分(6件)を既に上回る状況。2日には登校中の児童を乗せた保護者の車が、バタフライナイフを所持した不審な男に遭遇し、男が銃刀法違反容疑で逮捕される事件も発生した。被害はなかったものの、さらなる事件発生を危惧している関係者も多い。
 有浦小でも不審者情報が寄せられており、夏休み前に児童や教職員の防犯意識を高めようと訓練を企画した。大館署などの協力を得て、不審な男が職員玄関から侵入して6年生の教室がある3階に向かったと想定して行った。
 児童のいる教室前で「ばかおやじと言われて腹が立っている。その子に会わせろ」と大声で主張する不審者に対し、6年生の担任が応対。報告を受けた教職員が校内放送で他学年の児童にも知らせ、避難を促した。110番通報も行い、駆けつけた署員と連携して男を取り押さえた。「興奮させてしまうと大人数人でも押さえられないので注意を」などと助言を受けた。
 続いて体育館で防犯教室を開き、県警チャイルド・セーフティ・センター(秋田市)の職員が寸劇を披露。全校児童に対して、防犯ブザーや大人の助けを呼ぶなどの対策を周知。防犯標語「いかのおすし」も改めて確認した。
 永井校長は「休み時間などは児童が不審者と接触することも考えられる。さまざまなケースを想定した実践訓練もこれから必要になってくる」と考える。「すぐに大人に知らせることや、児童が自らの身を守る方法を今後も指導していきたい」と語った。
 大館署生活安全課は「不審者情報は昨年より増えている。地域と連携して朝、夕の守り活動やパトロールを強化したい」としている。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る