本文へ移動

今日のニュース

DMOの方向性「何を 誰に どうアピール」 鹿角市の観光業者ら 可能性話し合う

2018-07-06
地域DMOなどをテーマにした観光産業確立推進ミーティング(市役所)
 鹿角市の観光産業確立推進ミーティングが5日、市内の観光、宿泊事業者など約20人が参加して市役所で開かれた。テーマの一つは、かづの観光物産公社(岩船勝広社長)が昨年11月に候補法人として登録された地域DMOの方向性。観光素材が豊富にある中で「何を、誰に、どうやってアピールするのか」という観光戦略について合意形成を図ることを確認した。年内には意見を集約し、「稼げる観光」の取り組みに結びつけたい考え。
 DMOは地域の観光のマネジメントとマーケティングを一体的に担う組織。国の各種支援メニューの提供や総合的なアドバイスなど手厚い支援が受けられる。鹿角市でも観光振興に向け、観光産業確立計画に掲げる取り組みを着実に実行しながら、かづの観光物産公社を中心とした観光地域づくりへの支援を強化していく方針を打ち出している。
 第1回会議の冒頭、市委託の観光プロデューサーで同公社営業部長の清水涼太さんが、DMOの方向性について「目的は観光を主体として地域を活性化すること。そのためには集金、集客できる観光地づくりが絶対に必要。稼げる観光には、観光の消費をもたらすことが大事になる。経済の活性化を通過しないといけないという共通認識をもって議論していきたい」と説明した。
 続いて参加者が4グループに分かれて「鹿角に消費をもたらす観光素材」について話し合い、その結果を発表した。
「温泉」「花輪ばやし」「雪」「山」といった素材が挙がったほか、「量より質。ちゃんと手間暇掛けたものに可能性があるのではないか」などの意見があった。
 清水さんは「鹿角の素材はどれもいいが、例えば九州の人でも分かるように『鹿角といったらこれ』というものをみんなで考え、DMO鹿角として外にアピールしていきたい」と強調した。
 今後、会議を数回開き、観光戦略を年内にとりまとめる予定。
 観光産業確立推進ミーティングではこのほか、市が大手旅行ウェブサイトと連携した集中プロモーション事業の概要説明などが行われた。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る