本文へ移動

今日のニュース

庁舎建設「金かけずに」 大館市議会 議会報告会始まる

2018-07-06
定例会審議などについて意見交換した議会報告会(釈迦内公民館)
 大館市議会の議会報告会が5日、釈迦内公民館を皮切りに始まった。定例会や4常任委員会の審議内容などについて地域住民と意見交換。参加者からは市役所本庁舎の建設費に関する質疑、クマ対策、合葬墓整備などの要望が出された。8日まで計8カ所で開き、市民の声を吸い上げる。
 2015年度に施行した議会基本条例に基づき、年1回以上開催することにしている。初日は夜に北地区コミュニティセンターでも開かれた。
昼の釈迦内公民館には議員14人が出席し、住民23人と意見を交わした。佐藤久勝議長は「生の声を聞かせていただき、市民にとって身近な議会を目指していく」とあいさつ。建設水道、教育産業、厚生、総務財政の各常任委員長らが、定例会の議決結果や委員会の審査内容などを報告した。
 総務財政委は本庁舎建設事業について、「市は100年維持できる防災拠点などをテーマに基本計画を策定した。昨年9月定例会時点で全体の概算事業費は46億7200万円だったが、今年6月定例会では建設資材高騰などで49億9000万円との見通しが示された」と報告した。参加者から「派手さは必要なく、あまり金をかけずに造ってほしい」との意見があり、「100年使うものとして整備したいというのが市の考え。委員会では事業費の上限を決めてできないかなど、予算を心配する声が出ている」と答えた。
 建設が進む観光交流施設(仮称ハチ公の駅)は「来年5月のオープンを目指している。観光客のみならず、市民が集う憩いの場所として整備するため、活発な議論を展開したい」と説明。厚生委は扇田病院外来診療費着服問題の経過を報告し、「解決までもうしばらく時間を要する見込みだが、市当局から随時報告を受け、議会だよりなどでお知らせしていく」と述べた。
 秋田市が開設して募集したところ応募が殺到して話題となった「合葬墓」について、「市でも進めてほしい」との声があり、議員は「宗派の垣根を越え、維持できるシステムづくりを勉強していきたい」と回答。クマ対策や空き家対策、地区通学路の改善などの要望も出された。
 今後の日程は次の通り。▽6日=田代公民館(午後2時~午後4時)、大葛地区・高齢者・若者センター(午後7時~午後9時)▽7日=比内公民館(午後7時~午後9時)、十二所公民館(午後7時~午後9時)▽8日=中央公民館(午前10時~正午)、岩野目分館(午後7時~午後9時)。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る