本文へ移動

今日のニュース

小坂町に初の地域おこし協力隊 ブドウ栽培で自立目指す 宮地さんが着任

2018-07-05
町長と握手を交わす、町で初の「地域おこし協力隊員」の宮地さん㊧(町役場)
 小坂町は4日、町内で盛んなブドウ栽培の技術を学びながら、新規就農を目指す町の「地域おこし協力隊員」第1号として、宮地俊幸さん(37)に辞令(2日付)を交付した。宮地さんは「(小坂には)特産物や観光資源はたくさんあるが、つながりが薄いと感じているので深く知り、都会の人に魅力を持ってもらえるような町づくりに協力したい」と意欲を示した。委嘱期間は来年3月末までで、最長3年間。
 町は、人口減少や高齢化の進行に対応するため、地域の活力維持と魅力の再発見につなげようと、2016年度から総務省の制度を活用して同協力隊の募集を開始した。
 17年度は、募集要項で活動内容を明確化。グリーンツーリズムの推進事業の一環として整備した「小坂七滝ワイナリー」に関連付け、将来の新規就農を目指し、ブドウ農家として自立する意欲のある人などを募集した。宮地さんから今年2月に正式に応募があり、3月の面接を経て採用を決定した。
 同町で初めての協力隊員となった宮地さんは、大津市の出身。6月末までは、埼玉県草加市で電子機器部品関連の企業に勤務していた。
 30代になってから農業に対し興味を抱くようになり、多方面にアンテナを張りめぐらせていた。昨年11月、都内で開かれた移住交流関連のイベントで、同町が必要とする協力隊員について知った。
 決め手は町職員の心優しい対応だった。「自分の質問にしっかりと答えてくれた。話していく中で知らないこと、広がりのあることを詳しく教えてくれた。小坂の歴史や特産物など、小さい町にもかかわらずたくさんあり、感銘を受けた」という。
 「自分で考えながらできる仕事がないかを考えた時に、農業は季節ごとに考えながら、自分ででききる仕事」と就農に挑戦する宮地さん。「6次産業化に興味がある。ワインづくりのほか、マーケティングにも取り組みたい」と意欲を示し、さらに「添乗員の仕事もしていたので観光にも興味がある。小坂には観光資源があるので、それを生かしていきながら、インバウンドをどう引き込むかを考えたい」と意気込んだ。
 委嘱状を交付した細越満町長は「第1号として期待している。ブドウ農家が高齢化になっており、若い人の後継が必要。ワインづくりに力を貸していただき、また、宮地さんの持っている特技を生かして頑張ってもらいたい」と激励した。
 町は本年度も引き続き、協力隊員を募集している。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る