本文へ移動

今日のニュース

不審者情報相次ぐ 大館市 関係機関警戒強める 声掛け、ナイフ所持も

2018-07-04
登校する児童に付き添う保護者(大館市城南小学校前)
 大館市で子どもを狙った不審者に関する情報が相次いでいる。2018年度、市生徒指導協議会には3日現在で7件(疑い含む)の情報が寄せられ、既に17年度1年分(6件)を上回る状況。2日には登校中の児童を乗せた保護者の車が、ナイフを所持した不審な男に遭遇し、地域に緊張が走った。全国で登下校中の児童が被害に遭う事件が多発しており、学校関係者らは警戒心をあらわにしている。
 同協議会によると、18年度の不審者情報は、全7件が5月下旬からの約40日間に発生。登下校中の児童が不審な男から「こっちにおいで」と声を掛けられたり、「車に乗らない?」と誘われたりした。いずれも逃げ出すなどして被害はなかった。
 17年度は7月までに3件、年間で6件。18年度は例年に比べて明らかに多い。近年、全国的に児童の被害が相次ぎ「保護者や児童の警戒心が高まり、情報がより集まっている可能性がある」という。一方で、不審者が地域にいる不安感は拭いきれない。
 大館市一心院南では2日午前、サバイバルナイフを所持した不審な男が大館署に逮捕された。現場が学区内の城南小では5月下旬にも不審者による声掛け事案があり、見守りを強化したところだった。
 3日朝の登校時には車や徒歩で児童を送迎する保護者の姿があった。40歳代の母親は「怖かったので付き添った。(犯人は)逮捕されたが、突然ナイフを出されたら防ぎようがない。まさか大館でこんなことが起きるなんて」と驚きを隠しきれない様子。30歳代の母親は「女の子2人を通わせているので心配。今後は(送迎など対応を)考えないと」と話した。
 3日に同校で開かれた学校評議員会では、評議員を務める地域住民から「臨機応変に対応できるよう教員配置を考えては」「警察と綿密な情報交換を」との声が上がった。同校は「地域から情報提供をしてもらえる体制を作りたい。警察や市教委と相談し、今後に向けて対策を取らなければ」と警戒を強める。
 同協議会は各校から不審者情報が寄せられた際、警察や行政、市内全小中に周知して情報共有。各校から保護者にメール配信してもらっている。児童生徒らに対し▽夜間は出歩かない▽人通りの少ない道は通らない▽知らない人に近づかない▽防犯ブザーを持参する▽危険を感じたら助けを求め、110番通報する―ことなどを求めている。
 また突発的な事案に対応するため、会長の渡部鋼喜・下川沿中校長は「日頃から自分の身を守れる子どもを育てる必要がある。教育活動全体で、判断する力を身に付けさせたい」としている。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る