本文へ移動

今日のニュース

最高路線価 3年連続で御成町3丁目 大館税務署18年分 横ばいで県内6位

2018-07-03
大館税務署管内で最高路線価となった大館市御成町3丁目
 仙台国税局は2日、2018年分の路線価を発表した。大館署管内の最高路線価は3年連続で大館市御成町3丁目の主要地方道大館十和田湖線通りとなり、1平方㍍当たり2万6000円。2年連続の横ばいだった。県内8税務署のうち下から3番目の6位、仙台国税局管内では下から6番目の46位で前年と変わらなかった。
 県内の最高路線価は秋田市中通2丁目の秋田駅前通りで12万円。1992、93年の140万円をピークに年々下落していたが、25年ぶりに横ばいとなった。
 下落率が最も大きかったのは横手市安田字堰添の国道13号通りで5・9%。2000円下落の3万2000円だった。最高路線価が最も低かったのは能代市柳町の柳町通りと、湯沢市元清水4丁目の国道398号通りで2万2000円。柳町通りは前年より1000円下げた。湯沢は最高路線価の所在地が変更となり、変更前と同額。県内税務署別は大館など6署で横ばいとなった一方、能代と横手が下落した。
 大館署管内の最高路線価所在地は、2007年まで旧正札ビル周辺だった。その後08年から5年連続で鹿角市花輪下中島のJR鹿角花輪駅前通り。しかし、総合病院の郊外移転など空洞化が進んだことで13年から大館市大町に戻り、15年まで3年連続で最高。16年からは土地区画整理事業が進む御成町3丁目となっている。
 県内の特に主要な基準点となる用途別主要標準地の評価基準額は▽住宅地=秋田市広面字糠塚3万3000円(前年と同じ)▽工業地=秋田市新屋豊町8000円(1000円下落)。標準宅地の評価額を前年と比べた変動率の平均は2・3%の下落で、前年の2・7%より下落幅は縮小した。仙台国税局の変動率平均は0・6%、全国は0・7%とそれぞれ3年連続の上昇となった。
 路線価格などは国税庁ホームページで閲覧できる。
 【路線価】主要道路に面した土地1平方㍍当たりの評価額。相続税や贈与税を算定する際の基準になる。国土交通省が毎年発表する1月1日時点の公示価格を基に売買実例価額、不動産鑑定士による鑑定評価額などを参考に算出。公示価格の8割程度の水準となる。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る