本文へ移動

今日のニュース

大館が3年ぶり優勝 若手とベテランかみ合う 本社主催県北5支部対抗将棋

2018-07-02
5支部を代表する20棋士が熱戦を展開(北鹿新聞社)
優勝を飾った大館支部(左から柴田さん、菅原さん、加賀谷さん、丸山さん)
 北鹿新聞社主催の「創刊100周年記念第40回日本将棋連盟県北5支部対抗将棋大会」は1日、大館市の本社大ホールで開かれ、若手とベテランの力がかみ合った大館が3年ぶり、29回目の優勝を飾った。2~4位は勝ち点で並ぶなど大接戦となり、能代が前回に続き準優勝を果たした。
 大会は将棋の普及やアマチュアのレベル向上を目的に、大会は1979年に始まった。前回は比内が初参戦し6支部が頂点を目指したが、今年は二ツ井が参加を見送り、再び5支部対抗となった。県北各支部を代表する20歳から83歳までの20棋士が4組に分かれてリーグ戦を展開した。
 勝ち点は大館が11点(全勝で16点)、2位能代9、3位鹿角9、4位県北9、5位比内2。勝ち点が同じ能代、鹿角、県北は直接対決でもそれぞれ2勝2敗で並び、最後は規定にのっとり、チームの年齢合計の高い順で順位が決まった。閉会式で運営委員長の小畑勝明・大館支部長は記念大会を振り返り、「皆さん年齢を感じさせない若々しい戦いぶりだった。大会の継続に向けてますます頑張ってほしい」と講評した。
 大館は今大会最年少で、支部竜王の加賀谷弥三段(20)が全勝の活躍。柴田成仁五段(57)が3勝、丸山久徳三段(33)と菅原勲三段(38)が2勝を挙げ、若手とベテランの力を融合させて、3年ぶりの頂点に立った。
 能代は牧野円五段(40)が全勝を挙げてチームを引っ張り、2年連続の準優勝となった。鹿角は村木美之二段格(67)が全勝で安定した闘いぶりを見せるなどし、前回5位から順位を二つ挙げた。3連覇を狙った県北は原田和人四段格(48)、櫻庭英隆三段(58)が3勝を挙げ、粘りを見せた。2度目の出場となる比内は成田武二段(62)ら2人が1勝を挙げたが、上位はうかがえなかった。
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る