今日のニュース

雨池牧場で放牧スタート 青空の下、駆け出す

2018-05-16
青空の下、放牧が始まった雨池牧場
  大館市岩瀬字大川目元渡にある雨池牧場で15日、牛の放牧が始まった。同市や北秋田市の畜産農家の牛舎で飼育されていた16頭が青空の下、一斉に放たれ、草原を元気に駆け回った。
 同牧場は山瀬ダムの北西にあり、JAあきた北が指定管理者として運営している。面積は約40㌶で、起伏に富んだ斜面を歩き回り、栄養豊富な青草を食べることで健康で丈夫に育つとされる。JAの担当者は「今冬は雪が多かったが、雪解けは昨年より早く、青草が順調に生育していい環境が整った」と話す。放牧開始時期は例年並みとなった。
 この日は農家が飼育する黒毛和種の成牛15頭と、1カ月前に生まれた子牛1頭が到着。柵が開かれると、勢いよく飛び出し、草原で青草を食んだり、「モーモー」と鳴き声を響かせたりしながら、のびのびと過ごしていた。
 畜産農家11戸から例年並みの約30頭を受け入れる予定で、放牧は10月末までを予定している。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*