今日のニュース

冬の空港「楽しい!」 大館能代でかまくらんど 雪像、雪山、餅つきも

2018-02-13
そりを楽しむ子どもたち(大館能代空港臨時駐車場)

  大館能代空港で12日、冬季イベント「かまくらんど」が行われた。空港シンボルゾーン周辺には人気キャラクターの雪像や高さ約3㍍のかまくらが築かれ、家族連れが雪遊びを楽しんだ。ターミナルビルでは古代米を使った餅つきやロビーコンサートも行われた。
 除排雪で出る大量の雪を有効活用して冬の空港を楽しんでもらおうと、空港内の事業所で働く人たちによる「かまくらを作る会」が中心になって毎年開いている。
 駐車場付近の会場には子どもに人気のキャラクターや秋田犬をモチーフにした4基の雪像が登場。大型のかまくらも設置され、内部を見学したり記念撮影したりする姿が見られた。
 臨時駐車場には大きな雪山が造られ、特製のそりコースを整備。雪を伴った強風が吹き付けるあいにくの天候となったが、子どもたちは歓声を上げながら何度も繰り返し滑り降りていた。
 ターミナルビルでは昔ながらのきねと臼を使った餅つきが行われ、子どもたちも挑戦した。つき上がった餅はお汁粉にして来場者に振る舞われた。2階出発ロビー前ではアマチュアバンドのロビーコンサートが行われ、多くの人でにぎわっていた。

 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*