今日のニュース

マタギ小屋、体験を 北秋田 阿仁に模築、公開中 きょうから食事を試験提供

2018-02-09
クマの毛皮が飾られたマタギ小屋(北秋田市阿仁鍵ノ滝)
  伝統的な狩猟休憩所「マタギ小屋」を活用し森吉山観光の振興を図ろうと秋田内陸活性化本部は北秋田市阿仁鍵ノ滝に小屋を模築し公開している。9日から近隣宿泊施設の利用客向け食事プランも試験的に提供する。
 小屋は高さ約2・5㍍、奥行きと幅約3・5㍍。杉の柱を組み、風雪よけのよしずを壁代わりに縄で固定しただけの簡素な造り。阿仁地区などのマタギが狩猟の際、飢えや寒さをしのぐ拠点に利用したとされ、本来は食料やまきを貯蔵したという。
 伝統的な狩猟文化を色濃く残す小屋を観光素材として生かそうと昨年11月、森吉山阿仁スキー場近くのホテル前に模築を計画。現役マタギの監修の下、再現した。内部にクマの毛皮が飾られ、マタギ文化を演出している。10人ほど入れるスペースにいすとテーブル、まきストーブが置かれている。
 近くのホテルフッシュ、阿仁の森ぶなホテルのいずれかに宿泊した客は小屋できりたんぽ鍋などを味わえるプランも試験的に作った。1泊夕食付きで大人1人1万9800円。提供は3月4日まで。反響があれば来年度に体験コンテンツとして各宿泊施設に提供する予定。活性化本部によると、11日と24日に予約が3件入っている。空き状況次第で見学だけも可能。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*