今日のニュース

「Xマスヌーヴォー」 初ワイン、16日発売 小坂町の七滝ワイナリー

2017-12-06
初出荷へ瓶詰め作業が始まった(小坂七滝ワイナリー)
 小坂町が上向地区に整備した、ワイン製造施設「小坂七滝ワイナリー」で醸造された初ワインが完成した。初出荷に向け、5日から瓶詰め作業が始まった。第一陣は、熟成期間が極めて短い甘口の白とロゼの2種類を、「小坂七滝ワイナリークリスマスヌーヴォー2017」として16日に発売する。
 ワイナリーは、町がグリーンツーリズムの推進を目指し整備。10月7日に竣工(しゅんこう)式が行われ、醸造・販売を委託された町の第三セクター「小坂まちづくり会社」が、10月12日から稼働を開始した。
 原料は全て町内で栽培されているブドウ。ヤマブドウ交配種の「小公子」「ワイングランド」「岩木ヤマブドウ」などのほか、白ワインに適したブドウ「ナイアガラ」などを地元の農家から調達し、順次仕込みを進めてきた。
 ブドウの栽培からワインの製造まで、全て町内で手掛けることにこだわった純小坂産ワイン。初ワインは当初の目標通り、年末までには間に合った。しかし、作業工程においてさまざまな苦労もあり、「酵母を働きやすくするための温度調節が難しく、見極めがとても重要だった」(担当者)という。
 初出荷の白とロゼは甘口に仕上げた。アルコール度数は9・5度、価格は720㍉㍑入り1500円(税別)。白は400本、ロゼは700本限定で、町内の酒販店、スーパー、コンビニ、小坂鉱山事務所内の土産店「明治百年堂」などで販売される。
 町農林班の杉原隆広課長補佐は「飲みやすいように甘口にした。徐々に本格的なワインを造っていきたい」と話した。
グレードの高い赤ワインの原料となる「小公子」を使ったワインは醸造期間が長く、発売は来年6月ごろの見通し。
 
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*